2018.03.26

ミラン、新星FWクトローネと新契約へ…2023年までの長期契約を検討

クトローネ
プロ2年目を迎えたクトローネはクラブを牽引する活躍を見せている [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 ミランが、イタリア代表FWパトリック・クトローネとの契約延長に動き出していると、イタリア紙『トゥットスポルト』が25日に報じた。

 20歳のクトローネは、プロデビューして2年目の今シーズン、セリエAで20試合に出場し7得点、ヨーロッパリーグ(EL)では予選を含めて13試合6得点、決勝進出を決めているコッパ・イタリアでも4試合に出場し2得点と公式戦で15ゴールの活躍ぶりを見せている。

 イタリア代表にも初選出を果たし、23日に行われたアルゼンチン代表とのテストマッチでA代表デビュー。既にその評価額は5000万ユーロ(約65億円)を超えたとも見られ、ドルトムント、モナコ、リヨンなどが関心を持ち始めているようだ。

 このためミランは、2021年6月30日までとなっている従来契約の延長に動き出しており、2023年6月30日までの新契約をオファーすることとなるようだ。

 また、新契約には、契約解除金の条項が加えられることもなく、高額移籍金を支払われることになっても、クラブにとって新たな宝となったクトローネの移籍は阻止したい意向が表れることとなるようだ。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
20pt
チェルシー
20pt
リヴァプール
20pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
17pt
ライプツィヒ
14pt
ボルシアMG
14pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
16pt
バルセロナ
15pt
アトレティコ・マドリード
15pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
24pt
ナポリ
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る