2018.03.01

セリエA歴代退場数の上位14名が判明…FWから唯一、名を連ねたのは?

モンテーロ、トッティ
レッドカード数がセリエA歴代トップのモンテーロ氏(左)、そしてFWから唯一ランクインのトッティ氏(右) [写真]=Getty Images
「フットボール」と「メディア」ふたつの要素を併せ持つプロフェッショナル集団を目指し集まったグループ。

 悪質なファウル、スポーツマンシップに反する乱暴な行為などで、主審から提示されるレッドカード。対象選手は即座にピッチからの退場を命じられ、チームは大きな負担を背負うことになる。

 そんな不名誉なレッドカード提示記録を、2月28日付のイタリアメディア『スカイスポーツ』が発表。セリエA史上においてレッドカードを受けた回数が多い選手、上位14名が紹介されている。

 セリエA歴代最多、16回ものレッドカードを受けたのは、アタランタとユヴェントスで活躍した元ウルグアイ代表DFパオロ・モンテーロ氏。内訳は一発退場が13回、イエローカード2枚による退場が3回となっている。

 モンテーロ氏の次に多いのは12回で、イタリア代表の暫定監督に就任したルイージ・ディ・ビアージョ氏ら5名。現在はデポルティーボに所属する元ガーナ代表MFサリー・ムンタリ、セリエCのパドヴァで現役を続けている元イタリア代表MFジャンピエロ・ピンツィといった面々が並んでいる。

 続くレッドカード11回には、ミランとインテルでそれぞれ中心選手を務めた元イタリア代表のMFマッシモ・アンブロジーニ氏とDFジュゼッペ・ベルゴミ氏。さらに、ピンツィ氏と並ぶイエローカード歴代最多の140回を記録した元イタリア代表MFダニエレ・コンティ氏らがランクイン。そしてFW陣からただ一人、今回のリストに名を連ねているのは、ローマのディレクターを務める元イタリア代表のフランチェスコ・トッティ氏だ。

 また、現在もセリエAでプレーしている中ではSPALのブラジル人DFフェリペが唯一、ランクイン。同選手は今シーズンもレッドカードで一度退場しており、さらに記録を更新する可能性がありそうだ。

 セリエA史上におけるレッドカード提示回数が多い選手14名は以下のとおり(括弧内は現役時代の代表チームとポジション、※は現役選手)。

▼1位(16回)
パオロ・モンテーロ氏(ウルグアイ代表DF)

▼2位(12回)
ルイージ・ディ・ビアージョ氏(イタリア代表MF)
ジュリオ・ファルコーネ氏(イタリア代表DF)
クリスティアン・レデスマ氏(イタリア代表MF)
※サリー・ムンタリ(ガーナ代表MF/デポルティーボ所属)
※ジャンピエロ・ピンツィ(元イタリア代表MF/パドヴァ所属)

▼7位(11回)
マッシモ・アンブロジーニ氏(イタリア代表DF)
ジュゼッペ・ベルゴミ氏(イタリア代表DF)
ジュゼッペ・ビアーヴァ氏(イタリア人DF、代表歴なし)
ダニエレ・コンティ氏(イタリア代表MF)
フェルナンド・コウト氏(ポルトガル代表DF)
※フェリペ(ブラジル人DF/SPAL所属)
ジョルジョ・フェリーニ氏(イタリア代表MF)
フランチェスコ・トッティ氏(イタリア代表FW)

(記事/Footmedia)

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
64pt
マンチェスター・C
51pt
レスター
48pt
欧州順位をもっと見る
ライプツィヒ
40pt
バイエルン
36pt
ボルシアMG
35pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
43pt
レアル・マドリード
43pt
アトレティコ・マドリード
35pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
51pt
インテル
47pt
ラツィオ
45pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング