2018.02.07

退団が噂されるも…マルキージオ、ユヴェントスへの忠誠を誓う

マルキージオ
MLSへの移籍が噂されるマルキージオだが… [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 ユヴェントスに所属するイタリア代表MFクラウディオ・マルキージオが、クラブへの忠誠を誓った。イタリア紙『トゥットスポルト』が6日に報じた。

 マルキージオはイタリアメディア『Sky』のインタビューで「サッスオーロ戦は、寒くて、途中出場がとても難しかった。それに体も十分に温まっていなかったからね。イグアインとは彼へのアシストについて話をしたよ。2年間にはカルピ戦で同じようなアシストをした。その時はポグバへのアシストだった」と負傷したフランス代表MFブレーズ・マテュイディに代わって出場した4日のサッスオーロ戦を振り返った。

 そして将来については「今のことだけに集中している。ユヴェントスとはまだ2年半の契約が残っている。しかし、今後何かが起こったとしても、イタリアでユヴェントス以外のチームのユニフォームを着てプレーすることは絶対にないだろう」と、仮にユヴェントスを離れることになったとしても、イタリアのユーヴェ以外のチームに移籍することはないと断言している。

 現在32歳のマルキージオは、今シーズンのセリエAで9試合の出場で、トータルで351分のプレーに留まっており、サッスオーロ戦でのアシストが今シーズン初の記録となっている。

欧州リーグ順位表

チェルシー
15pt
リヴァプール
15pt
マンチェスター・C
13pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
9pt
ドルトムント
7pt
ヴォルフスブルク
7pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
12pt
レアル・マドリード
10pt
セルタ
7pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
SPAL
9pt
ナポリ
9pt
欧州順位をもっと見る