FOLLOW US

アッレグリ監督、試合に満足感を示しながらも「まだまだ学ぶ必要がある」

アッレグリ監督率いるユヴェントスは直近4試合はクリーンシートを維持し、暫定順位に浮上しています [写真]=Getty Images

 ユヴェントスのマッシミリアーノ・アッレグリが試合を振り返り、勝利に満足を見せながらも、チームの改善点について語った。イタリアメディア『メディアセット・プレミアム』が28日付で伝えている。

 セリエA第22節が27日に行われ、ユヴェントスキエーヴォと対戦。チャンスをなかなか活かせないユヴェントスだったが、相手が二人続けて退場し、9人相手に戦う事となった。すると、攻勢に出たユヴェントスはドイツ代表MFサミ・ケディラとアルゼンチン代表FWゴンサロ・イグアインのゴールで、2-0と勝利。コッパ・イタリアを含む直近4試合はクリーンシートを維持し、暫定首位へ浮上した。

 アッレグリ監督は試合結果に満足感を示しながらも、まだまだ改善の余地があると向上心を見せている。

「前半、チームは幅を作ろうと苦労していた。また、テンポを上げようとしていたが、たびたび遅いパス交換が見られ、相手に戻る時間を与えてしまっていた。我々は試合のテンポをいつ早めるのか、いつ遅くするのか、もっと学ぶ必要があるね。そうしなければ相手にプレーを読まれやすくなってしまう。」

キエーヴォは守備がうまかったし、難しい試合だった。相手が9人になってからはより考えがシンプルになった。クリーンシートを維持することも出来た。結果にとても満足しているし、アウェイで3ポイントをとれてよかった」

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA