2018.01.23

【コラム】台頭する“二世”たち…クリスティアン・カンナヴァーロ、その実力やいかに

ファビオ・カンナヴァーロ
2006年にイタリア代表としてW杯を制したカンナヴァーロ氏 [写真]=Getty Images
イタリア・ジャーナリスト協会会員。ミラノ在住。

 昨シーズンから名プレーヤーの“二世”がセリエAでデビューすることが多くなった。前線ではフィオレンティーナに所属する23歳のジョバンニ・シメオネ(アトレティコ・マドリードのディエゴ・シメオネ監督)と、20歳のフェデリコ・キエーザ(元イタリア代表のエンリコ・キエーザ氏)、すでに父子対決を果たしたボローニャのフェデリコ・ディ・フランチェスコ(ローマのエウゼビオ・ディ・フランチェスコ監督)らが次世代を担う注目株だ。シメオネは第21節までにチーム最多の7得点を叩き出しており、キエーザもここまで4得点。23歳のディ・フランチェスコもすでにゴールを決めている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
100pt
マンチェスター・U
81pt
トッテナム
77pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る