FOLLOW US

ユーヴェから関心の噂も…北朝鮮代表FW「まだ正式な接触はない」

ユヴェントスからも注目を集める存在となったハン [写真]=Getty Images

 ペルージャ(セリエB)所属の北朝鮮代表FWハン・グァンソンの代理人が、噂されるユヴェントスからの関心についてイタリアメディア『TuttoJuve.com』にコメントした。

 2107年にカリアリに加入し、同年には北朝鮮出身のサッカー選手として、初めて欧州5大リーグで出場を果たしたことで注目を集める存在となったハン。

 現在はペルージャにレンタル移籍で在籍しており、今シーズン、リーグ初戦のエンテッラ戦でハットトリックを皮切りに得点を重ね、セリエBでここまで16試合に出場し、7得点を挙げている。

 イギリス紙『ガーディアン』が発表する「世界で最も才能のある18歳以下のフットボーラー50人」にも選出されたハンには、イタリアの絶対王者ユヴェントスも興味を示している模様。

 既に保有権を持つカリアリと交渉の席に着いているとも言われており、移籍金は1000万ユーロから1200万ユーロ(約13億5000万円から16億2000万円)を提示しているようだ。

 しかし、ハンの代理人を務めるサンドロ・ステンペリーニ氏は「大規模なクラブであるユヴェントスと結ばれることは非常に光栄だ。だが現時点では我々の間には正式な接触はない」と、未だ交渉は開始していないことを強調した。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA