FOLLOW US

ドンナルンマが“モラハラ”報道にSNSで反発「一度も言ってない」

退団直訴報道に対するブーイングに落胆を示したドンナルンマ [写真]=Getty Images

 ミランのイタリア代表GKジャンルイジ・ドンナルンマが、「モラル・ハラスメントを受けた」との報道に反発した。イタリアメディア『トゥットメルカート』が14日に報じた。

 先日「契約更新時にモラル・ハラスメントを受け、このため今冬の移籍市場で退団する」と報じられていたドンナルンマ。ミランのサポーターは、13日に本拠地サンシーロで開催されたコッパ・イタリア、ベスト16のヴェローナ戦で、「出て行け」と容赦のない罵声を浴びせ、横断幕には「年俸600ユーロに、寄生する兄とまで契約をして、モラル・ハラスメントを受けただと? 出て行け、もはや我慢の限界だ!」と極めて辛らつなメッセージを掲げていた。

 この報道に対しドンナルンマは『インスタグラム』で反発。「酷い夜で、あんなことは思ってもいなかった。『契約更新時にモラル・ハラスメントを受けた』などと一度も言ってもないし、書いてもいない」と根も葉もない報道だと怒りを示し「それでも自分は、次の試合に向けて前を見ている。フォルツァ・ミラン!」と、セリエAの次節、ヴェローナ戦に向けて気持ちを切り替えていることを強調している。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO