2017.11.28

セリエA最優秀選手賞受賞の39歳GKブッフォン、現役続行に意欲か

ジャンルイジ・ブッフォン
昨季のセリエA最優秀選手賞に輝いたジャンルイジ・ブッフォン [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 ユヴェントスの元イタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォンが現役続行に意欲を示した。イタリア紙『コッリエーレ・デッロ・スポルト』が27日に伝えた。

 イタリア・サッカー選手協会(AIC)主催のグラン・ガラーで2016-17シーズンの最優秀選手に選出された現在39歳のブッフォンは、イタリア代表についてコメント。現役続行を示唆させる発言をした。

「自分はかなりの年齢だ。しかし常に、代表のために、そしてユヴェントスのために、入隊した兵士としてプレーした。従って、その職務を放棄することはできない。もしGKの死というものがあるのだとしたら、60歳でも『生きたい』と答える。なぜなら、ユヴェントスと国への“想い”でここまでプレーしてきたからだ」

 そして、解任されたイタリア代表のジャン・ピエロ・ヴェントゥーラ元監督については擁護するコメントを残している。

「残念ながら、夢を見させ、希望を持たせるようなゴールを奪うことはできなかった。しかし、監督は自分自身の仕事をしたと思う」

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
100pt
マンチェスター・U
81pt
トッテナム
77pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る