2017.11.28

ブッフォンがセリエA最優秀選手賞を受賞…GKとしては史上初の快挙

ブッフォン
GKとして初の快挙を成し遂げたブッフォン [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 イタリア・サッカー選手協会(AIC)主催による『グラン・ガラ』が27日にミラノで行われ、2016-17シーズンのセリエA最優秀選手にユヴェントスのGKジャンルイジ・ブッフォンが選出された。

 GKとして初めての快挙を成し遂げたブッフォンは、先日行われた2018 FIFAワールドカップ ロシア欧州予選プレーオフでスウェーデン代表に敗れ、本戦出場を逃したことでイタリア代表からの引退を表明していた。

 また、セリエA最優秀監督は、ナポリのマウリツィオ・サッリ監督が初受賞。セリエB最優秀監督にはセリエA昇格に導いたベネヴェントのアレッシオ・クラーニョ監督が選出。最優秀クラブ賞にはユヴェントスが選ばれ、こちらは6年連続の受賞となった。

 なお、2011年から2014年までの元イタリア代表MFアンドレア・ピルロ(現ニューヨーク・シティ)、その後の元アルゼンチン代表FWカルロス・テベス(現上海申花)、昨シーズンのイタリア代表DFレオナルド・ボヌッチ(現ミラン)に続き、6シーズン連続でユヴェントス所属選手が同賞に輝いている。

 以下は、昨シーズンのベスト・イレブンで、最多選出は7名のユヴェントスとなっている・

▼GKジャンルイジ・ブッフォン(ユヴェントス)

▼DFダニエウ・アウヴェス(ユヴェントス、現パリ・サンジェルマン)
カリドゥ・クリバリ(ナポリ)
レオナルド・ボヌッチ(ユヴェントス、現ミラン)
アレックス・サンドロ(ユヴェントス)

▼MFラジャ・ナインゴラン(ローマ)
マレク・ハムシク(ナポリ)
ミラレム・ピアニッチ(ユヴェントス)

▼FWパウロ・ディバラ(ユヴェントス)
ゴンサロ・イグアイン(ユヴェントス)
ドリス・マルテンス(ナポリ)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
20pt
チェルシー
20pt
リヴァプール
20pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
17pt
ライプツィヒ
14pt
ボルシアMG
14pt
欧州順位をもっと見る
アラベス
17pt
セビージャ
16pt
バルセロナ
15pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
24pt
ナポリ
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る