2017.11.16

イタリア、ヴェントゥーラ監督解任を発表…60年ぶりW杯予選敗退

ヴェントゥーラ
W杯出場を逃したヴェントゥーラ監督の解任が決定 [写真]=NurPhoto via Getty Images
サッカー総合情報サイト

 イタリアサッカー連盟(FIGC)は15日、同国代表を率いるジャンピエロ・ヴェントゥーラ監督の解任を発表した。

 イタリア代表は13日、2018 FIFAワールドカップ ロシア 欧州予選プレーオフ・セカンドレグでスウェーデン代表を相手にスコアレスドロー。2試合合計0-1で敗れ、予選敗退が決まった。W杯本大会出場権を逃すのは、1958年以来60年ぶりのこととなった。

 FIGCは公式HPにて声明を発表。「カルロ・タヴェッキオ会長がミーティングを招集し、代表チームが2018年のワールドカップ出場に失敗したことについて議論をした。最初にコーチ、スタッフ陣の刷新とジャンピエロ・ヴェントゥーラの解任が決まった」と明かされている。

 ヴェントゥーラ氏は1948年生まれの69歳。イタリア国内で数々のクラブを渡り歩き、2011-12シーズンからはトリノを率いてセリエA昇格へ導いた。昨年7月にイタリア代表指揮官に就任したが、W杯出場を逃し、解任が決まった。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
100pt
マンチェスター・U
81pt
トッテナム
77pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る