2017.10.23

成績不振のミラン、モンテッラ監督解任も…後任候補にソウザ氏が浮上

パウロ・ソウザ
ミランの監督就任が噂されるソウザ氏 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 11位と低迷するミランに、昨シーズンまでフィオレンティーナを指揮していたポルトガル人のパウロ・ソウザ氏が、新監督の有力候補に浮上していることが分かった。イタリアメディア『pianetamilan.it』が22日に報じている。

 22日に行われたセリエA第9節、ホームでのジェノア戦に引き分け、ここ4試合で1分け3敗と不振が続き、順位も11位に後退したミラン。これにより、ヴィンチェンツォ・モンテッラ監督の解任もささやかれている。

 そこで、これまで後任候補にはソウザ氏のほか、元イタリア代表指揮官のチェーザレ・プランデッリ氏や、ナポリやインテルを指揮した経験を持つヴァルテル・マッツァーリ氏も挙げられていた。しかし、ミランは既にソウザ氏と接触していることが伝えられている。

 ただ、最終的な決断は、28日に行われる第11節のユヴェントス戦の結果を見て、判断することになるようだ。幹部にとって納得の行く結果が得られなければ、モンテッラ監督の解任に踏み切り、ソウザ氏を招へいすることになることが予想されている。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
18pt
マンチェスター・C
16pt
チェルシー
15pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
12pt
ヘルタ・ベルリン
10pt
ドルトムント
8pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
13pt
バルセロナ
12pt
アラベス
10pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
フィオレンティーナ
10pt
サッスオーロ
10pt
欧州順位をもっと見る