2017.06.19

リヴァプール、サラー獲得決定か…ローマとの合意を伊メディア報じる

サラー
ローマからリヴァプールへ移籍する可能性を報じられているサラー [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 ローマに所属するエジプト代表FWモハメド・サラーがリヴァプールへ移籍する可能性が高まっているようだ。イタリアメディア『スカイ』の報道を引用し、イギリスメディア『スカイスポーツ』が18日に報じている。

 以前からリヴァプール移籍の可能性を取り沙汰されているサラー。1日付のイタリアメディア『tuttomercatoweb.com』によれば、リヴァプールはクラブ史上最高額となる移籍金4000万ユーロ(約49億7000万円)を用意して同選手の獲得を目指している。

 そして今回の報道によると、サラーの移籍について両クラブが合意に達したと伝えられている。早ければ20日にもメディカルチェックが行われる見通しとなっているようだ。

 現在24歳のサラーは快足を武器とするアタッカー。2014年1月にバーゼルからチェルシーに移籍し、翌2015年にはフィオレンティーナへレンタル移籍で加入した。同年夏に買い取りオプション付きのレンタル移籍でローマへ加入。今シーズンは公式戦38試合に出場して17ゴールを記録した。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
16pt
マンチェスター・U
16pt
チェルシー
13pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
16pt
ホッフェンハイム
14pt
バイエルン
13pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
18pt
アトレティコ・マドリード
14pt
セビージャ
13pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
18pt
ユヴェントス
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る