2017.05.09

カバーニが古巣への思いを吐露…2020年の復帰を示唆「移籍するならナポリ」

エディンソン・カバーニ
古巣への復帰を示唆したカバーニ [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 パリ・サンジェルマンに所属するウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニは、古巣ナポリに戻る意思があるようだ。イタリアメディア『Sky』が8日に報じている。

 カバーニは同メディアに対し「パリ・サンジェルマンの後のキャリアがどうなるかはまだ分からない。だけどもし移籍することになったら、ナポリに戻ることを選ぶと思う」とコメント。古巣復帰への意思を示した。

 同時に「チームとの契約が切れる2020年にどうなるかみてみよう」とも話し、直近の移籍可能性については否定。パリ・サンジェルマンでの任務を全うする考えを明らかにしている。

 カバーニはナポリで公式戦104試合に出場し、エースとしてゴールを量産。104ゴールを記録している。2012-13シーズンには29ゴールを挙げる活躍を見せ、初のセリエA得点王に輝いた。2013年7月にパリ・サンジェルマンに移籍し、これまでの公式戦195試合で128ゴールをマークしている。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
76pt
マンチェスター・C
74pt
トッテナム
61pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
60pt
ドルトムント
60pt
ライプツィヒ
49pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
66pt
アトレティコ・マドリード
56pt
レアル・マドリード
54pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
75pt
ナポリ
60pt
インテル
53pt
欧州順位をもっと見る