2017.05.01

ムンタリが再び人種差別の標的に…抗議で自主退場「これが僕の色だ」

サリー・ムンタリ
人種差別的なチャントを歌われ、審判に抗議するムンタリ [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 4月30日に行われたセリエA第34節でカリアリとペスカーラが対戦し、ペスカーラの元ガーナ代表DFサリー・ムンタリが人種差別的なチャントに反発して自主退場した。イタリアメディア『スカイ』が伝えている。

 ムンタリは試合終了間際、カリアリのサポーターから人種差別的なチャントを歌われたことで、審判団に抗議。介入を求めたが、結局はイエローカードを提示された。すると同選手はこれに反発する形で、試合終了のホイッスルを待たずに自ら退場。自主的にピッチを去ったムンタリに対し、ダニエレ・ミネッリ主審は2枚目のイエローカードを提示し退場処分となったが、今後追加の処分が下される可能性もあるという。ムンタリは相手サポーターに対し「これが僕の色だ」と叫んでいたと報じられている。

 試合後のインタビューに応じた同選手は冷静に試合を振り返った。

「キックオフ直後から同様のチャントが耳に入っていた。そしてそれを叫んでいるサポーターの中に、子供がいるのを目にした。親は何も言わず見守るだけ。だから僕は彼らのところに行ってユニフォームをプレゼントしたんだ。模範を示したかった。そういう行為はすべきでないとね」。

「そして後半にも同じような歌が聞こえてきた。僕は彼らに理由を説明して、分かってほしかったんだ。だから審判に相談した。だけど審判はほっとけ、相手にするな、という反応だった。そこでイラついてしまったんだ。僕に対して処分を下すのではなく、なぜ彼らのチャントを辞めさせないんだ? とね」。

「もちろん間違っているのはサポーターだ。だけど審判側だって別の対応の仕方があったのではないか? もしあの場面で審判団が試合を中断してくれていたら、こんなことにはならなかったし、僕自身もこういうことは二度と起きないはずだと納得できた」。

 ペスカーラを率いるズデネク・ゼーマン監督はムンタリの行動に対して「彼の判断によって、チームは数秒間でも10人での戦いを強いられた。それは良くないこと」としながらも「彼の退場は審判団への抗議だった。人種差別の問題を解決するために、やらなければならないことは沢山ある。なのにいつも何も対処せず、見て見ぬふりをするだけ。ムンタリは長年イタリアでプレーしてきて、またこういうことが起きた。全体のメンタリティが変わらなければいけない」と審判団の対応を厳しく批判した。

 現在32歳のムンタリはインテルやミランなど、数々のセリエAクラブでプレー。過去にも人種差別の被害を受け、ミランに所属していた2014年には、対戦相手のヴェローナサポーターが猿のマネをして、ヴェローナ側に一部無観客試合の処分が下されたこともある。

欧州リーグ順位表

チェルシー
93pt
トッテナム
86pt
マンチェスター・C
78pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
82pt
ライプツィヒ
67pt
ドルトムント
64pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
93pt
バルセロナ
90pt
アトレティコ・マドリード
78pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
88pt
ローマ
84pt
ナポリ
83pt
欧州順位をもっと見る