2017.04.30

ラツィオがケイタ2発などでダービーに快勝! ローマは優勝遠のく敗戦

ラツィオ
ゴールを喜ぶラツィオの選手たち [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 セリエA第34節が30日に行われ、ローマとラツィオが対戦した。

 2位ローマと4位ラツィオが激突する“ローマ・ダービー”。首位ユヴェントスが今節の試合で引き分けたため、ローマは勝てば6ポイント差に詰め寄るチャンスである一方、敗れれば逆転優勝が遠のいてしまう大事な一戦。対するラツィオも3位ナポリとの勝ち点差が6と、チャンピオンズリーグ出場圏内に望みを繋いでおり、負けられない状況だ。

 試合は立ち上がりにローマがチャンスを作ったが、先手を取ったのはラツィオだった。12分、ペナルティエリア手前右でパスを受けたケイタ・バルデ・ディアオがDFをかわして左足一閃。このシュートがゴール右下に決まった。

ケイタ

先制ゴールを決めたケイタ [写真]=Getty Images

 先制されたローマは45分、ケヴィン・ストロートマンがエリア内で倒されてPKを獲得。これをダニエレ・デ・ロッシが落ち着いて決め、前半のうちに同点とした。

ローマ

デ・ロッシのPKでローマが追い付く [写真]=Anadolu Agency/Getty Images

 後半も先にチャンスを作ったのはローマ。48分、モハメド・サラーが個人技で右サイドを破り、グラウンダーのクロスを供給。中央に走り込んだエディン・ジェコが右足ダイレクトで合わせたが、GKの好セーブに阻まれた。

 すると直後の50分、ラツィオは左からのクロスが流れたボールにエリア外右のドゥシャン・バスタが反応。ワントラップから左足でシュートを放つと、DFに当たってコースが変わったシュートが左ポストをかすめてネットを揺らし、勝ち越しゴールとなった。

バスタ

勝ち越しゴールを決めたバスタ [写真]=Getty Images

 追いかけるローマは73分にデ・ロッシとの交代でフランチェスコ・トッティを投入したが、なかなか決定機を作ることができないまま時間が経過。逆に、終盤の85分にはカウンターからケイタがこの日2点目を決めてラツィオがリードを広げた。

 試合はこのまま3-1でタイムアップを迎え、ラツィオが“ローマ・ダービー”に快勝。敗れたローマは逆転優勝が遠のく痛恨の敗戦となった。

 次節、ローマは5月7日にアウェイで日本代表FW本田圭佑所属のミランと、ラツィオは同日にホームでサンプドリアと対戦する。

【スコア】
ローマ 1-3 ラツィオ

【得点者】
0-1 12分 ケイタ・バルデ・ディアオ(ラツィオ)
1-1 45分 ダニエレ・デ・ロッシ(PK)(ローマ)
1-2 50分 ドゥシャン・バスタ(ラツィオ)
1-3 85分 ケイタ・バルデ・ディアオ(ラツィオ)

この試合の他の記事

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
100pt
マンチェスター・U
81pt
トッテナム
77pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る