2017.04.28

本田、99%の確率でミラン退団? 新天地はMLSのシアトル・サウンダーズか

本田圭佑
エンポリ戦で久々に出場した本田 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 ミランに所属する日本代表FW本田圭佑が、99パーセントの確率で今シーズン終了後に退団すると、イタリアメディア『トゥットメルカートウェブ』が報じた。

 23日に行われたセリエA第33節のエンポリ戦で87分から途中出場し、リーグ戦で17試合ぶりにピッチに立った本田。しかし、今シーズン終了後の退団は既定路線となっているようだ。新天地はメジャーリーグサッカー(MLS)となる可能性が高く、シアトル・サウンダーズが有力候補に挙がっている。

 退団の可能性は「99パーセント」で、同メディアがミランの選手の去就を予想した中で最も高いもの。イタリア代表GKジャンルイジ・ドンナルンマの40パーセント、コロンビア代表FWカルロス・バッカの70パーセント、そして、ユヴェントスとレアル・マドリードからの関心が明るみに出たイタリア代表DFマッティア・デ・シリオの80パーセントも超える数字となっている。

 2014年1月にミランに加入した本田の契約は、今年6月末まで。今シーズンのリーグ戦ではここまで6試合の出場にとどまっている。

 新天地として噂されるシアトル・サウンダーズは2007年に創設され、MLSのウェスタン・カンファレンスに所属する人気チーム。昨年12月に行われた、年間チャンピオンを決めるMLSカップ決勝では、PK戦の末に見事初優勝に輝いた。今シーズンは7試合を終え2勝2分3敗で5位につけており、アメリカ代表MFクリント・デンプシーや、ウルグアイ代表MFニコラス・ロデイロが所属している。

欧州リーグ順位表

チェルシー
15pt
リヴァプール
15pt
マンチェスター・C
13pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
9pt
ドルトムント
7pt
ヴォルフスブルク
7pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
12pt
レアル・マドリード
10pt
セルタ
7pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
SPAL
9pt
ナポリ
9pt
欧州順位をもっと見る