2017.04.27

インテルで3冠を達成したエトー、CL決勝での逸話を語る「優勝するか、それとも死ぬか」

エトー
エトーはインテル時代、トレブル達成に大きく貢献した [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 2009-10シーズンにインテルはチャンピオンズリーグ(CL)優勝を成し遂げた。当時の逸話を元カメルーン代表FWサミュエル・エトーが、決勝直前のロッカールームでの逸話をイタリアメディア『Sky Italia』内の番組『E po c’e Cattelan』で語った。

 この年、スクデット、コッパ・イタリアのふたつのタイトルをすでに獲得していたインテルは、シーズンの締めくくりとしてバイエルンとのCL決勝を迎えた。

 当時の様子をエトーは、「(ジョゼ・)モウリーニョは特に何もしなかったんだよ。彼は試合前にチームのことを少し話してから『あとは、サミュエル(・エトー)が今夜どのように勝つか教えてくれるだろう』と言ったんだ。だから僕は、『勝つ意思を持ってピッチに足を踏み入れれば、勝てるだろう。もし、君たちがプレーするためにそこに行くなら、勝てるだろう』と言った。僕たちはバルセロナ、チェルシーといった強豪を倒してきた。インテルが40年もの間(CLの)タイトルが取れていないことを考えたんだ」と振り返った。

「僕は多くの大会で決勝戦というものを経験してきたが、あのCL決勝は特別だった。僕たちは国民のために優勝を成し遂げなければならなかったんだよ」

「僕は試合直前に『チャンピオンズリーグで勝つか、それとも試合で死ぬか』と言ったんだ。僕たちはカップを持ち帰るために、死ぬ気で戦う必要があったんだ。幸運にもすべてうまくいったけどね。僕の演説を聞いて、(元ブラジル代表GK)ジュリオ・セーザルは泣いていたよ(笑)」

 サンティアゴ・ベルナベウで行なわれたこの試合は、元アルゼンチン代表FWディエゴ・ミリートの2ゴールで見事にバイエルンを倒し、CL優勝を達成。イタリアのクラブで史上初となるトレブル(セリエA、コッパ・イタリア、CLの3冠)を成し遂げた。
 

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
62pt
マンチェスター・U
50pt
リヴァプール
47pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
44pt
ライプツィヒ
31pt
シャルケ
30pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
51pt
アトレティコ・マドリード
42pt
バレンシア
40pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
51pt
ユヴェントス
50pt
インテル
42pt
欧州順位をもっと見る