FOLLOW US

ミランがバッカのPK弾でサッスオーロ下す…本田は10戦連続出番なし

PKを蹴りこむミランFWバッカ [写真]=Getty Images

 セリエA第26節が26日に行われ、サッスオーロと日本代表MF本田圭佑所属のミランが対戦した。本田は16試合連続のベンチスタートとなった。

 試合開始から12分、サッスオーロアルフレッド・ダンカンがエリア左で倒されてPKを獲得。しかしキッカーを務めたドメニコ・ベラルディがポスト右へ外してしまい、ビッグチャンスを活かすことができなかった。すると20分、今度はミランがPKをゲット。これをカルロス・バッカが軸足を滑らせながらもゴール左隅へ決め、先制点となった。

先制ゴールを喜ぶミランの選手ら [写真]=Getty Images

 さらにミランは81分、自陣から一気にカウンター。最後はスソが中央へカットインして左足のシュートを放った。しかしここはGKアンドレア・コンシーリが好セーブで得点を与えない。続く82分にもクリスティアン・サパタがヘディングでゴールを狙ったが、GKコンシーリが素早い反応でボールをかきだした。

 追加点を奪えなかったミランだったが、試合はこのままタイムアップ。敵地で1-0の勝利を収めた。ミランはこれでリーグ戦連勝。ここ4試合の戦績を3勝1分けとした。なお、本田は10試合連続で出番がなかった。

 次節、サッスオーロは敵地でクロトーネと、ミランはホームでキエーヴォと対戦する。

【スコア】
サッスオーロ 0-1 ミラン

【得点者】
0-1 21分 カルロス・バッカ(PK)(ミラン

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA