2017.02.20

最下位ペスカーラが5発圧勝…ゼマン新監督「基本を叩き込んだだけ」

ゼマン
ゼマン監督(右)の初陣で、ペスカーラが圧勝した [写真]=NurPhoto via Getty Images
サッカー総合情報サイト

 19日に行われたセリエA第25節で、最下位に沈むペスカーラがホームでジェノアに5-0と圧勝した。

 ペスカーラは今月14日、マッシモ・オッド前監督を解任。昨年8月28日のセリエA第2節でサッスオーロを破ってから公式戦23試合で勝利から遠ざかり、セリエAでは第24節終了時点で1勝6分け17敗の勝ち点「9」で最下位に沈んでいた。

 しかし今節、就任後間もないズデネク・ゼマン監督の下でホームゲームに臨むと、過去24試合で12ゴールを挙げるにとどまっていた攻撃陣が爆発。5ゴールを挙げ、5-0と圧勝した。

 初陣を勝利で飾ったゼマン監督は試合後、『Sky』のインタビューで「私は年寄りだと言われているが、若いと感じている。3回のトレーニングを行った。これは明らかに少ない回数であるが、基礎的なことを2、3つ正しく述べたんだ。私は少し、基本を叩き込んだだけだ。あとは選手の功績によるものだ。チームに感謝しなければならない。というのも勝利するために全てを出してくれたからだ。これからも今日のように戦わなければならない。心理的に大きな勝利で、落ち着いてトレーニングできる」と大勝を飾った一戦を振り返った。

「残留が決まってもタバコをやめることはない。まだ、タバコを時々吸いたいね。多くのペスカーラのファンからは“裏切り者”だと思われている。(2011-12シーズンのセリエBでペスカーラを昇格に導いた後に)ローマの指揮官に就任したからだ。しかし、断ることなど不可能なオファーだった。今はペスカーラに手を貸すためにここにいる。(セリエA)残留は我々次第ではなく、(残留圏内17位の)エンポリの結果によるもの。もし、エンポリが全ての試合に敗れるなら、希望はある」

 ペスカーラはセリエA第25節を終え、勝ち点「12」で依然として最下位。18位パレルモと2ポイント差、19位クロトーネとは1ポイント差に迫ったが、残留圏内の17位エンポリには10ポイント差をつけられており、厳しい戦いは続く。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
15pt
マンチェスター・C
10pt
トッテナム
8pt
欧州順位をもっと見る
ライプツィヒ
10pt
ドルトムント
9pt
フライブルク
9pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
10pt
アトレティコ・マドリード
9pt
レアル・マドリード
8pt
欧州順位をもっと見る
インテル
9pt
ボローニャ
7pt
ユヴェントス
7pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング