2017.02.14

ミランがラツィオとドロー、PK被弾もスソの左足一閃で追いつく 本田出番なし

ミランとラツィオが対戦した [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 セリエA第24節が13日に行われ、ラツィオと日本代表MF本田圭佑が所属するミランが対戦した。本田は14試合連続のベンチスタートとなった。

ベンチスタートとなった本田 [写真]=Getty Images

 8日に行われた第18節で、ボローニャを1-0と下し、リーグ戦の連敗を3で止めたミラン。5日のペスカーラ戦で6ゴールを奪って勝利したラツィオとのアウェーゲームに臨んだ。ラツィオ戦には、ボローニャ戦で値千金の得点を決めたクロアチア代表MFマリオ・パシャリッチを先発起用。その他、スペイン代表FWジェラール・デウロフェウやスペイン人FWスソが前線に並んだ。

 キックオフからわずか2分、ラツィオは左サイドでボールを持ったケイタ・バルデ・ディアオが中央へカットイン。そのまま右足を振りぬいた。しかしこれはGKジャンルイジ・ドンナルンマが危なげなくボールをキャッチする。11分にもルーカス・ビリアが右足でミドルシュートを打つが、これもGKドンナルンマがセーブし、得点を与えなかった。

 その後もラツィオのシュート数が増えるのに対し、ミランは効果的な攻撃の形を作れない。

 迎えた28分、ラツィオはCKを頭でつなぎ、最後はゴール前のウェスレイ・ホードがシュート。だがここでもGKドンナルンマが体を張ってブロック。チームを救った。

 それでも45分、ラツィオのチーロ・インモービレがエリア右でGKドンナルンマに足をひっかけられてPKを獲得。このビッグチャンスでキッカーを務めたビリアが思い切りよくゴール左へ蹴りこみ、先制点となった。直後に前半終了のホイッスルを迎える。

PKを沈めたラツィオビリア [写真]=Getty Images

判定に納得しないドンナルンマ(右) [写真]=Getty Images

 1点を追うミランは53分にホセ・ソサ、63分にジャンルカ・ラパドゥーラをピッチへ送りこむ。しかしなかなかゴールを奪えない。

 ラツィオは76分にフェリペ・アンデルソン、83分にインモービレが立て続けに追加点を狙うが、いずれもネットを揺らすことはできなかった。

 すると84分、ミランのスソがエリア右へ進入。そのままディフェンスをかわし、素早く左足を振りぬく。するとこれがホール左下へ吸い込まれ、同点ゴールとなった。

 試合はこのままタイムアップを迎えた。ミランが苦しみながらも同点に追いつき、敵地で勝ち点1を獲得。ラツィオにとっては手痛いドローとなった。なお、本田は8試合連続で出場機会が与えられなかった。

 次節、ラツィオは18日にエンポリと、ミランは19日にフィオレンティーナと対戦する。

【スコア】
ラツィオ 1-1 ミラン

【得点者】
1-0 45+1分 ルーカス・ビリア(PK)(ラツィオ)
1-1 84分 スソ(ミラン)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
22pt
マンチェスター・U
20pt
トッテナム
17pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
19pt
バイエルン
17pt
ライプツィヒ
16pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
22pt
バレンシア
18pt
レアル・マドリード
17pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
24pt
インテル
22pt
ユヴェントス
19pt
欧州順位をもっと見る