2017.01.17

ミラン、2点差を追いつきトリノとドロー 本田は公式戦4試合出番なし

ベルトラッチ(中央右)のゴールを喜ぶミランイレブン [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 セリエA第20節が16日に行われ、トリノと日本代表FW本田圭佑が所属するミランが対戦した。

 第19節終了時点で勝ち点「36」の5位につけているミラン。先発にはコロンビア代表FWカルロス・バッカ、スペイン人FWスソ、イタリア代表MFジャコモ・ボナヴェントゥーラらが入った。公式戦3試合連続で出番のない本田はベンチスタートとなった。

 試合は21分、ホームのトリノが先制に成功する。右サイドでボールを持ったイアゴ・ファルケがドリブルで相手DF2人をかわしてエリア内に侵入。エリア付近中央のアデム・リャイッチにラストパスを送ると右足ダイレクトでシュートを放つ。ゴール前にいたアンドレア・ベロッティが右足でコースを変えると、ボールはゴール左下に決まった。

 直後の26分、トリノはエリア内でベロッティがボールをキープして、I・ファルケに落とす。左足ダイレクトでシュートを放つと、ゴール前のマルコ・ベナッシが左足ヒールで上手くゴール左下に流し込んだ。前半はトリノ2点リードで折り返した。

 後半に入ると、ミランが反撃を開始。55分、右サイドのイニャツィオ・アバーテが低いクロスを供給する。ファーサイドに流れたボールをボナヴェントゥーラが折り返すと、最後は中央のアンドレア・ベルトラッチがゴールに押し込み、1点差とした。

 さらに60分、左CKの際にエリア内でガブリエル・パレッタが倒され、PKを獲得。キッカーのバッカがゴール右上に決め、試合を振り出しに戻した。

 同点とされたトリノは74分、右サイドからの低いクロスにエリア内中央でベロッティが右足で合わせる。しかしながら、わずかにゴール右に外れ、ゴールには至らなかった。

 89分にこの試合2枚目のイエローカードをもらったアレッシオ・ロマニョーリが退場となり、ミランが数的不利になったが、試合はこのまま終了。2-2の引き分けに終わり、勝ち点1を分け合った。なお、本田に出場機会はなかった。

 次節、トリノは22日に敵地でボローニャと、ミランは21日にホームでナポリと対戦する。

【スコア】
トリノ 2-2 ミラン

【得点者】
1-0 21分 アンドレア・ベロッティ(トリノ)
2-0 26分 マルコ・ベナッシ(トリノ)
2-1 55分 アンドレア・ベルトラッチ(ミラン)
2-2 60分 カルロス・バッカ(PK)(ミラン)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
23pt
リヴァプール
23pt
チェルシー
21pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
20pt
ブレーメン
17pt
バイエルン
16pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
18pt
アラベス
17pt
セビージャ
16pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
25pt
ナポリ
21pt
ラツィオ
18pt
欧州順位をもっと見る