FOLLOW US

メッシ&スアレスが欧州最強コンビに…今季これまで32試合で28得点

バルセロナでゴールを量産するスアレス(左)とメッシ(右) [写真]=Anadolu Agency/Getty Images

 バルセロナに所属するアルゼンチン代表FWリオネル・メッシとウルグアイ代表FWルイス・スアレスが、今シーズンのヨーロッパ主要リーグで最も多くの得点を挙げているコンビだということがわかった。15日付のスペイン紙『マルカ』が伝えている。

 同紙は、各クラブにおける国内リーグ戦のゴール数“トップ2”をピックアップし、その合計数をランキング形式で紹介。メッシとスアレスは15日のリーガ・エスパニョーラ第18節を終えた時点でともに14ゴールをマーク。得点ランクトップの座を分け合う2人の合計得点数(28)は、今シーズンの欧州主要リーグで最も高い数字となっている。

 それに続くのが、パリ・サンジェルマンのウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニとブラジル代表MFルーカス・モウラのコンビで合計24ゴール。そして、チェルシーのスペイン代表FWジエゴ・コスタとベルギー代表MFエデン・アザールのコンビが合計23ゴールで3位となっている。

 なお、バルセロナのコンビが1位に輝いた一方で、リーガ・エスパニョーラ首位を走るレアル・マドリードのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドとフランス人FWカリム・ベンゼマのコンビは合計17ゴール。また、セビージャのフランス人FWウィサム・ベン・イェデルとアルゼンチン人FWルシアーノ・ビエットのコンビは合計14ゴール、アトレティコ・マドリードのアントワーヌ・グリーズマンとケヴィン・ガメイロのフランス代表コンビは合計13ゴールと、バルセロナのコンビの爆発力や決定力が際立つ結果となった。

■欧州主要リーグで最も得点を奪っているコンビ(15日の試合記録まで換算)

1位:リオネル・メッシルイス・スアレスバルセロナ
合計28ゴール(14ゴール+14ゴール:合計32試合出場)

2位:エディンソン・カバーニ&ルーカス・モウラ(パリ・サンジェルマン)
合計24ゴール(18ゴール+6ゴール:合計38試合出場)

3位:ジエゴ・コスタ&エデン・アザール(チェルシー)
合計23ゴール(14ゴール+9ゴール:合計39試合出場)

3位:ハリー・ケイン&デレ・アリ(トッテナム)
合計23ゴール(13ゴール+10ゴール:合計36試合出場)

5位:アレクシス・サンチェス&セオ・ウォルコット(アーセナル)
合計22ゴール(14ゴール+8ゴール:合計37試合出場)

6位:エディン・ジェコ&モハメド・サラー(ローマ)
合計21ゴール(13ゴール+8ゴール:合計36試合出場)

7位:ピエール・エメリク・オーバメヤン&ウスマン・デンベレ(ドルトムント)
合計20ゴール(16ゴール+4ゴール:合計30試合出場)

8位:ラダメル・ファルカオ&トーマス・レマー(モナコ)
合計19ゴール(12ゴール+7ゴール:合計31試合出場)

9位:アラサン・プリー&マリオ・バロテッリ(ニース)
合計18ゴール(10ゴール+8ゴール:合計29試合出場)

9位:ズラタン・イブラヒモヴィッチ&フアン・マタ(マンチェスター・U)
合計18ゴール(14ゴール+4ゴール:合計36試合出場)

(記事/Footmedia)

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA