2016.12.22

公式戦4連勝と好調のインテル、指揮官は「今の私たちには魂がある」

ピオリ監督
公式戦4連勝を達成したインテルのステファノ・ピオリ監督 [写真]=Inter via Getty Images
サッカー総合情報サイト

 セリエA第18節が21日に行われ、日本代表DF長友佑都が所属するインテルはラツィオと対戦し、3-0で勝利した。インテルはこれで公式戦4連勝となった。試合後のステファノ・ピオリ監督のコメントをクラブ公式HPが伝えている。

 同監督は冒頭で「今日の試合は頭と頭の真っ向勝負だった。そして、今夜の結果が最も重要なことだ」とコメント。難しい試合をものにしての喜びを表した。

 さらにチームが好調な理由については、「今の私たちには魂がある。これはチームの根幹をなし、さらに発展し続けるための基盤だ」と話し、精神面での充実を要因に挙げている。また、調子を上げてきた中でのリーグ戦中断となったことを「この情熱の波に乗りたかった。リーグ戦を戦い続けた方がおそらくはよかっただろう」と少々残念がる場面も見られた。

 ピオリ監督は、この試合で2ゴールを挙げ今シーズンのゴール数を14とした主将のアルゼンチン人FWマウロ・イカルディについても言及。「後半に入って、我々は高いポジションでプレーし始めた。そしてイカルディも相手にとって脅威となるポジションを取ったね。しかし彼は前半も素晴らしい動きをしていたよ。私は彼のパフォーマンスや態度、言動を嬉しく思っている。私のチームにはファンタスティックでよくハードワークする男がいる。みんなが彼のことを尊敬するべきだ。彼は我々にとって重要な選手だよ」と話し、全幅の信頼を寄せている。

次節、インテルは敵地でウディネーゼと2017年1月8日に対戦する。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
90pt
マンチェスター・U
74pt
リヴァプール
71pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
シャルケ
56pt
ドルトムント
54pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
83pt
アトレティコ・マドリード
71pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
85pt
ナポリ
81pt
ローマ
67pt
欧州順位をもっと見る