2016.12.21

現在リーグ7位のインテル、来夏に契約満了のローマ指揮官を招へいか

ローマの指揮官を務めるスパレッティ監督 [写真]=Anadolu Agency/Getty Images
サッカー総合情報サイト

 日本代表DF長友佑都が所属するインテルが来夏、現在ローマの指揮官を務めるルチアーノ・スパッレッティ監督を招へいする可能性があるようだ。イタリアメディア『メディアセット』が20日に報じた。

 インテルは、11月8日にフランク・デ・ブール前監督の後任としてステファノ・ピオリ監督を招へい。ピオリ監督とは2018年6月30日までの契約を結んでいるが、来夏にスパッレッティ監督を就任させたい意向のようだ。

 同メディアは、ローマの指揮官を契約満了で退任となれば、インテルがスパッレッティ氏との契約に動くと伝えている。さらに、インテルは今年10月にローマのスポーツディレクターを退任したヴァルテル・サバティーニ氏も幹部として招き入れたい構えのようだ。

 今シーズン、開幕直前から相次ぐ監督交代が起きているインテル。今夏にロベルト・マンチーニ氏が指揮官を辞任、後任のデ・ブール氏は解任され、現在はピオリ監督が指揮を執っている。8勝6敗3分けと成績も振るわず、優勝争いとは無縁の7位と低迷している。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
87pt
マンチェスター・U
74pt
リヴァプール
70pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
75pt
シャルケ
55pt
レヴァークーゼン
51pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
83pt
アトレティコ・マドリード
71pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
85pt
ナポリ
81pt
ローマ
64pt
欧州順位をもっと見る