2016.11.09

インテルのピオリ新監督、パローロ獲得を要求か ラツィオ時代に指導

パローロ
ピオリ氏が獲得を望むラツィオMFパローロ [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 日本代表DF長友佑都が所属するインテルの新監督に就任したステファノ・ピオリ氏が、ラツィオに所属するイタリア代表MFマルコ・パローロの獲得を希望していると、イタリアメディア『メディアセット』が8日に報じた。

 フランク・デ・ブール前監督の後任として、インテルと契約を締結したピオリ新監督。同メディアによると、ピオリ氏は昨シーズン途中まで指揮したラツィオで指導を行ったパローロの獲得をクラブ幹部に要求した模様だ。

 現在31歳のパローロは、2014年夏にパルマからラツィオに加入。ピオリ監督が率いた2014-15シーズンには自己最多の10得点をマークするなど、入団1年目ながら非凡な活躍を見せた。同選手は今シーズンのセリエAでも、ここまで全12試合に出場している。

 また、インテルには今夏の移籍市場で、ラツィオからイタリア代表FWアントニオ・カンドレーヴァが加入した。カンドレーヴァも、ラツィオ時代にピオリ新監督の指導を受けていて戦術を熟知していることから、今後はチーム内でさらに重宝されることが予想されている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
34pt
マンチェスター・U
26pt
チェルシー
25pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
29pt
シャルケ
23pt
ライプツィヒ
23pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
バレンシア
30pt
レアル・マドリード
24pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
35pt
インテル
33pt
ユヴェントス
31pt
欧州順位をもっと見る