2016.10.27

ローマMFフロレンツィ、左ひざ痛めて涙の途中交代 じん帯断裂は回避か

サッスオーロ戦で負傷し、涙ながらに退いたMFフロレンツィ [写真]=AS Roma via Getty Images
サッカー総合情報サイト

 26日に行われたセリエA第10節、サッスオーロ戦でローマに所属するイタリア代表MFアレッサンドロ・フロレンツィが左足ひざを痛め、負傷交代を強いられた。

 イタリアメディア『ファンタ・ガッゼッタ』によると、フロレンツィは82分に左ひざを負傷した後、涙を流しながら担架で担ぎ出されたという。ルチャーノ・スパッレッティ監督には、「監督、じん帯を断裂してしまった」と明かしていたようだ。

 しかし、ローマはクラブ公式サイトで、試合が行われた敵地レッジョ・エミーリャからローマに搬送されたフロレンツィについて、「最初の検査が行われ、まだはっきりとした診断結果はわからないが、ポジティブな要素がある。まずは著しくひざが腫れ上がっていないこと、前十字じん帯も予想とは異なる結果が出ている」と発表。懸念されたようなじん帯断裂は回避されたとの見方が現時点では強まっているようだ。

 サッスオーロに3-1と勝利を収めたローマはこれでリーグ戦4連勝。次節は30日、エンポリと敵地で対戦する。

欧州リーグ順位表

チェルシー
15pt
リヴァプール
15pt
マンチェスター・C
13pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
9pt
ドルトムント
7pt
ヴォルフスブルク
7pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
12pt
レアル・マドリード
10pt
セルタ
7pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
SPAL
9pt
ナポリ
9pt
欧州順位をもっと見る