2016.09.09

ミランに痛手、新戦力が早くも負傷 M・フェルナンデスが約1カ月の離脱へ

マティアス・フェルナンデス
6日のボリビア戦で負傷したマティアス・フェルナンデス(中央) [写真]=LatinContent/Getty Images
サッカー総合情報サイト

 日本代表FW本田圭佑のミランに移籍加入したチリ代表MFマティアス・フェルナンデスが、約1カ月の負傷離脱を強いられる見通しとなった。イタリアメディア『ANSA』が8日に報じている。

 報道によると、M・フェルナンデスは6日に行われた2018 FIFAワールドカップ ロシア 南米予選第8節ボリビア代表戦に途中出場したが、右太ももを負傷した。イタリアに戻って精密検査を受けたところ、右足ハムストリングの損傷が明らかとなったようだ。

 2週間後に再び、精密検査を受ける予定となっている模様だが、同メディアはM・フェルナンデスが約1カ月ほどの離脱を強いられる見通しと報じている。移籍期間終了目前の8月31日にフィオレンティーナからミランへ加入した同選手だが、新天地でのデビューは持ち越しとなった。

 M・フェルナンデスは1986年生まれの30歳。チリのコロコロから2006年にビジャレアルへ移籍し、スポルティングを経て2012年夏からフィオレンティーナでプレーしていた。現ミランのヴィンチェンツォ・モンテッラ監督が指導した2015年夏まではレギュラーポジションを掴み、2014-15シーズンのセリエAでは29試合出場2ゴールを記録。昨シーズンは22試合の出場で1ゴールを挙げている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
13pt
マンチェスター・U
13pt
チェルシー
10pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
13pt
バイエルン
12pt
ホッフェンハイム
11pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
15pt
セビージャ
13pt
アトレティコ・マドリード
11pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
15pt
ユヴェントス
15pt
インテル
13pt
欧州順位をもっと見る