FOLLOW US

ユーヴェの伊代表ザザ、ブンデス移籍か…ヴォルフス幹部が交渉認める

今夏の移籍市場で複数の新天地候補を報じられているザザ [写真]=Getty Images 

 ユヴェントスに所属するイタリア代表FWシモーネ・ザザが、ヴォルフスブルクへの移籍に向けて前進していることがわかった。ドイツ誌『キッカー』が14日に報じている。

 一時はイタリア国内クラブへの移籍を望んでいたとされるザザ。ミランからの関心も報じられていたが、今回の報道によると、ヴォルフスブルクへの移籍を受け入れた模様だ。同クラブのスポーツディレクターを務めるクラウス・アロフス氏が同誌のインタビューに対して「ザザは昨日、我々とともにいた。ここでたっぷりと話し合いを行ったよ。ただ、まだ移籍が完了したとは言うことはできない。新しいクラブや新しい街と接触することは選手にとって重要なことだ。これが昨日、彼が訪れた理由だ」と話し、ザザと移籍交渉を行っていることを認めた。

「いずれにせよ、『まもなく移籍交渉が完了する』と言うことはできない。選手の意思だけに委ねられるものではなく、あらゆることに関して話し合いが行われてはいないんだ。全てに関して合意がなければならない」

 アロフス氏は以上のように語り、移籍合意には時間を要するとの見方を示している。

 ザザは1991年生まれの25歳。2013年からサッスオーロでプレーし、昨シーズンはセリエAで31試合出場11ゴールを記録した。昨年7月にユヴェントスへ移籍。今シーズンは19試合出場5ゴールを記録した。イタリア代表の一員としてユーロ2016にも参戦し、準々決勝までの全5試合中3試合に出場した。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA