2016.08.01

ガットゥーゾ監督が辞任表明…就任1年目でセリエB昇格も、クラブと対立

ガットゥーゾ
辞任を表明したピサのガットゥーゾ監督(写真は2013年、パレルモ指揮時) [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 今シーズン、セリエBでの戦いに臨むピサを率いる元イタリア代表MFのジェンナーロ・ガットゥーゾ監督が、辞任の意向を表明した。イタリア紙『コリエレ・デッロ・スポルト』が7月31日に報じている。

 ガットゥーゾ氏は「このクラブとは働くことはできない。全てのスタッフとともに辞任を表明する。取り返すことはできないものだ」と、クラブ側を厳しく批判して辞任を表明した。

 ガットゥーゾ氏は昨年夏、レーガ・プロ(イタリア3部リーグに相当)に所属するピサの指揮官に就任し、2年契約を締結。昨シーズンは就任1年目にして昇格プレーオフを制し、セリエB昇格に導いた。

 しかし、ガットゥーゾ氏とクラブ側の方針をめぐる対立が表面化。昇格決定直後には一度は辞任危機を回避したものの、最終的にはガットゥーゾ氏がピサを去るという結末を迎えることになりそうだ。なお同クラブの後任については、元ローマ指揮官のズデネク・ゼーマン氏が有力候補に挙げられている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
20pt
チェルシー
20pt
リヴァプール
20pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
17pt
ライプツィヒ
14pt
ボルシアMG
14pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
16pt
バルセロナ
15pt
アトレティコ・マドリード
15pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
24pt
ナポリ
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る