FOLLOW US

ベルギー代表ヴィツェル「ビッグクラブへ行きたい」…ローマ移籍が有力か

ゼニト退団の意思を表明したベルギー代表MFヴィツェル [写真]=Getty Images

 ゼニトに所属するベルギー代表MFアクセル・ヴィツェルが、今シーズン限りで同クラブを退団する意向を表明した。イタリアメディア『メディアセット』が15日に報じている。

 ヴィツェルは現在、ベルギー代表の一員としてユーロ2016に臨んでいる。13日に行われたグループステージ第1節のイタリア代表戦ではフル出場したものの、0-2で敗戦。18日の第2節アイルランド代表戦から巻き返しを期す。

 ヴィツェルは「新たなリーグでチャレンジしたいと思っている。レベルを上げて、ヨーロッパのビッグクラブでプレーしたい」と話し、ロシア・プレミアリーグを離れて新たなリーグでの挑戦を望んでいることを明かした。

 報道によると、同選手の移籍先候補にはローマミランチェルシートッテナムが挙がっている。ヴィツェルは「おそらく(移籍先は)イタリアかイングランドになると思う。でも、セリエAかプレミアリーグかということは重要ではないよ。ビッグクラブであれば問題はないんだ」と、強豪クラブへの移籍を強く望んでいるようだ。

 移籍先の有力候補として報じられているのはローマだ。同クラブは13日、ボスニア・ヘルツェゴヴィナ代表MFミラレム・ピアニッチユヴェントス移籍が決定。同選手の後釜として、ヴィツェルを獲得するのではないかと予想されている。

SHARE



LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO