2016.05.15

長友途中出場のインテル、敵地で3失点敗北…サッスオーロはEL出場に望みつなぐ

リーグ最終節のサッスオーロ戦で得点を許したインテルの選手ら [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 セリエA最終節が14日に行われ、サッスオーロと日本代表DF長友佑都の所属するインテルが対戦した。長友はベンチスタートとなった。

 今シーズンの4位が確定し、来シーズンのヨーロッパリーグ(EL)出場を確保したインテル。今節はスロヴェニア代表GKサミール・ハンダノヴィッチとクロアチア代表FWイヴァン・ペリシッチが出場停止、アルゼンチン人FWマウロ・イカルディが負傷で欠場の中、同FWロドリゴ・パラシオやモンテネグロ代表FWステヴァン・ヨヴェティッチらが先発に名を連ねた。

 一方のサッスオーロは現在の6位をキープすることでEL出場権獲得に望みをつなぐこととなる。今シーズン7得点を挙げたU−21イタリア代表FWドメニコ・ベラルディを出場停止で欠く中、イタリア代表FW二コラ・サンソーネやイタリア人FWマッテオ・ポリターノらが前線に並んだ。

 開始6分、早くも試合が動く。サッスオーロが前線でボールを奪うと、ピッチ中央でポリターノが左足を振りぬいた。すると、ボールはDFに当たってシュートコースが変わり、そのままゴールに吸い込まれた。

左足のミドルシュートで先制点を挙げたポリターノ(右) [写真]=Getty Images

左足のミドルシュートで先制点を挙げたポリターノ(右) [写真]=Getty Images

 さらに26分、サッスオーロは左サイドを駆け上がったアルフレッド・ダンカンがエリア内でボールを受けると、GKフアン・パブロ・カリーソをひきつけラストパス。これを走りこんできたロレンツォ・ペッレグリーニが無人のゴールへ流し込み、追加点を挙げる。

 32分、インテルが1点を返す。前線でマルセロ・ブロゾヴィッチが激しいチェイシングを仕掛けると、エリア内のパラシオがこぼれ球に反応。そのまま左足でゴール左隅に突き刺した。

 しかし39分、サッスオーロが再びリードを広げる。CKのこぼれ球をつなぎ、右サイドからマルチェッロ・ガッツォーラがクロス。これにポリターノが頭で合わせ、ネットを揺らした。前半はこのままサッスオーロがリードを保ち、ハーフタイムを迎える。

ヘディングシュートで追加点を決めたポリターノ(左から2番目) [写真]=Getty Images

ヘディングシュートで追加点を決めたポリターノ(左から2番目) [写真]=Getty Images

 1点を追うインテルは60分、ジェイソン・ムリージョが相手選手へのタックルでイエローカードを提示される。すると、この判定に対し抗議したムリージョへすぐさま2枚目の警告が提示され、退場となった。

 数的優位となったサッスオーロは65分、ダンカンが右サイドからクロスを上げると、フェデリコ・ペルーゾがヘディングシュートを放った。しかしこれはクロスバーの上へわずかに外れる。

 70分、負傷したジョフレイ・コンドグビアに代わって長友がピッチにチームを投入される。

 すると84分、インテルがゴール前でFKを獲得する。このチャンスでヨヴェティッチがキッカーを務めるが、シュートは枠をとらえることができなかった。

 結局、試合はこのままタイムアップを迎え、サッスオーロがインテルに3-1で勝利。長友は試合終了まで右サイドでプレーした。この結果、サッスオーロはクラブ史上最高となる6位でのフィニッシュが決定。21日に行われるコッパ・イタリア決勝で、ユヴェントスが日本代表MF本田圭佑所属のミランを下し優勝となれば、来シーズンのEL出場権を獲得することとなる。

【スコア】
サッスオーロ 3-1 インテル

【得点者】
1-0 6分 マッテオ・ポリターノ(サッスオーロ)
2-0 26分 ロレンツォ・ペッレグリーニ(サッスオーロ)
2-1 32分 ロドリゴ・パラシオ(インテル)
3-1 39分 マッテオ・ポリターノ(サッスオーロ)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
20pt
チェルシー
20pt
リヴァプール
20pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
17pt
ライプツィヒ
14pt
ボルシアMG
14pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
16pt
バルセロナ
15pt
アトレティコ・マドリード
15pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
24pt
ナポリ
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る