2016.05.09

イグアイン、57年ぶり快挙の今季33点目…最終節で新記録樹立も

イグアイン
8日のトリノ戦で今季33点目のゴールを奪ったイグアイン [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 ナポリに所属するアルゼンチン代表FWゴンサロ・イグアインが57年ぶりの大記録を達成した。8日、イタリアメディア『メディアセット』が報じている。

 ナポリは8日に行われたセリエAの第37節でトリノと対戦。12分にイグアインが先制ゴールを奪うと、20分にはスペイン人FWホセ・カジェホンのゴールで突き放した。後半にトリノが1点を返したが、試合はそのまま終了。勝利を収めたナポリは2位をキープしている。

 得点ランキングで首位に立つイグアインは先制ゴールを決め、今シーズンの得点数を33に伸ばした。セリエAで1シーズンに33ゴールを記録したのは1958-59シーズンにインテルでプレーしていた元アルゼンチン代表FWアントニオ・バレンティン・アンジェリッロ氏以来で、57年ぶりの快挙を達成している。

 現在最多得点記録を保持しているのは49-50シーズンにミランで35得点を記録した元スェーデン代表FWグンナー・ノルダール氏。ナポリは14日に最終節のフロジノーネ戦を控えており、イグアインがこの試合で記録を塗り替えられるか、注目が集まる。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
20pt
チェルシー
20pt
リヴァプール
20pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
17pt
ライプツィヒ
14pt
ボルシアMG
14pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
16pt
バルセロナ
15pt
アトレティコ・マドリード
15pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
24pt
ナポリ
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る