FOLLOW US

インテル指揮官、痛恨の敗戦に落胆「アマチュアでもあり得ない失点」

完封負けのラツィオ戦後、選手の出来を嘆いたマンチーニ監督 [写真]=Inter via Getty Images

 セリエA第36節が5月1日に行われ、ラツィオと日本代表DF長友佑都インテルが対戦。インテルは0-2で敗れて3位入りの可能性が消滅し、チャンピオンズリーグ出場権を逃した。長友は左サイドバックで先発起用され、79分までプレーした。

 試合後、インテルのロベルト・マンチーニ監督がイタリアメディア『Rai』のインタビューに応じた。

 マンチーニ監督は「私は勝利を期待していた。この試合に勝つことで4位の座を事実上確保し、さらには可能性は極めて低いとはいえ、3位を狙うこともできたからだ」と同試合の重要性を口にしたうえで、「開始20分間のパフォーマンスは本当にひどかった。後半はチャンスを作ったとはいえ、負けにふさわしい試合だった。我々は慢性的なゴール欠乏症に陥っている。ゴールエリアには8、9回もたどり着くことができたのに、いつもシュートミスをする。我々が敗れたのは間違いではない」と、パフォーマンスの悪さを嘆いていた。

 マンチーニ監督がとりわけ強い落胆の意を示したのは、開始8分に喫した1失点目の場面。ラツィオの元ドイツ代表FWミロスラフ・クローゼに密集地帯をワンツーで突破されたプレーについて、「アマチュアの試合でもあり得ないものだ。2人の相手に対して7人で守っていたにも関わらず、得点を許してしまった。最もひどいミスだった。今日は怒りをぶりまけることにすら値しない試合だった」と、厳しく振り返っている。

 インテルの次節は7日、エンポリをホームに迎える。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA