2016.04.17

アトレティコ、ユーヴェMFクアドラードに興味…獲得競争は激化へ

クアドラード
チェルシーからユヴェントスにレンタル移籍中のクアドラード [写真]=Anadolu Agency/Getty Images
サッカー総合情報サイト

 アトレティコ・マドリードが、ユヴェントスでプレーするコロンビア代表MFフアン・クアドラードの獲得に興味を示しているようだ。16日付のイタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が報じている。

 クアドラードは昨年1月にフィオレンティーナからチェルシーに加入したもののインパクトを残すことができず、今シーズンはユヴェントスにレンタル移籍している。同クラブが買い取りを望んでいると報じられている一方で、来シーズンからチェルシーの指揮官に就任するイタリア代表のアントニオ・コンテ監督は同選手の残留を望んでいるとも噂されており、シーズン終了後の去就が不透明な状況となっている。

 そして同紙によれば、アトレティコ・マドリードもこの獲得競争に参戦する可能性があるという。ベルギー代表GKティボー・クルトワやスペイン代表FWジエゴ・コスタらの取引を行ったチェルシーとのコネクションを生かし、クアドラードをチームに加えようと画策している模様だ。

 現在27歳のクアドラードは、今シーズンのセリエAで24試合に出場し3ゴール6アシストを記録するなど、首位を走るチームの攻撃陣を支えている。

欧州リーグ順位表

チェルシー
15pt
リヴァプール
15pt
マンチェスター・C
13pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
9pt
ドルトムント
7pt
ヴォルフスブルク
7pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
12pt
レアル・マドリード
10pt
セルタ
7pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
SPAL
9pt
ナポリ
9pt
欧州順位をもっと見る