2016.04.11

モラタ残留を目指すユーヴェ、約30億円用意…レアルの買戻し阻止へ

モラタ
ミラン戦で本田圭佑(左)と競り合うモラタ(右) [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 ユヴェントスが、スペイン代表FWアルバロ・モラタの残留へ向けて動いている。スペイン紙『マルカ』が10日に報じた。

 ユヴェントスは2014年6月にレアル・マドリードからモラタを獲得した。移籍に際してレアル・マドリードは、2015-16シーズン開幕前、あるいは2016-17シーズン開幕前の夏に同選手を買い戻すことができるというオプション契約を結んでいる。3月22日付のスペイン紙『アス』によれば、レアル・マドリードは今シーズン終了後、買い戻しオプションを行使して3000万ユーロ(約36億9000万円)をユヴェントスに支払い、モラタを復帰させたうえで、同選手をより高額で他クラブに売却する意向を持っているようだ。

 今回の『マルカ』によれば、ユヴェントスはモラタの残留を目指しており、レアル・マドリードに追加で2500万ユーロ(約30億8000万円)を支払い、買い戻しオプション行使を阻止したい考えを持っているようだ。ユヴェントスは2014年のモラタ獲得時に2000万ユーロ(約24億6000万円)を支払っているため、合計すると4500万ユーロ(約55億4000万円)を費やすことになると報じられている。

 モラタは移籍1年目の昨シーズン、セリエAで29試合出場8ゴールを記録。今シーズンは第32節終了時点で30試合出場6ゴールを挙げている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
100pt
マンチェスター・U
81pt
トッテナム
77pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る