FOLLOW US

フル出場の長友に厳しい評価…伊紙「相手が継続して攻め込んできた」

マッカローネ(左)と競り合う長友(右) [写真]=Inter via Getty Images

 セリエA第18節が6日に行われ、日本代表DF長友佑都が所属するインテルは敵地でエンポリを1-0で下し、首位をキープしている。

 イタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』は、同試合の採点を発表。左サイドバックでフル出場した長友にはチーム最低タイの「5」をつけた。(最低1点、最高10点)

 寸評では、「長友のサイドには(ピオトル・)ジリエンスキと(マヌエル・)プッチャレッリが呼吸を合わせながらオープンカーのように屋根を覆い隠さず、継続して攻め込んできた」とエンポリのサイド攻撃に苦しめられた様子を伝えている。

 インテルの最高点は完封勝利に貢献したスロヴェニア代表GKサミール・ハンダノヴィッチの「7」。一方、長友とともにフランス代表MFジョフレイ・コンドグビアに「5」の最低点がついた。

 インテルは次節、10日にホームでサッスオーロと対戦する。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO