2015.12.01

コッパ・イタリア制覇を期すミラン指揮官「リーグ3位と同等の価値」

ミランを率いるミハイロヴィッチ監督 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 日本代表FW本田圭佑が所属するミランを率いるシニシャ・ミハイロヴィッチ監督が、1日に行われるコッパ・イタリア4回戦のクロトーネ戦に向けて意気込みを語った。11月30日付のイタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が伝えている。

 試合前日の公式会見に臨んだミハイロヴィッチ監督は、「ピッチに立つ選手は、クロトーネと戦うのか、あるいは他のどのチームと戦うのかということを考えてはならない。我々はミランであり、常に勝利が義務付けられている」と話し、セリエBに所属する格下のクロトーネとの対戦を意識してはならないことを強調した。

 さらに「我々は欧州カップ戦に出場していない。そのため、我々にとってコッパ・イタリアを制すことは、今シーズンのリーグ戦で3位に入ることと同等の価値がある。クロトーネに敗れることは大惨事だ」と語り、コッパ・イタリア優勝を目指していることを明かしている。

 ミランは1日のクロトーネ戦のあと、6日にセリエA第15節カルピ戦を敵地で迎える。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
100pt
マンチェスター・U
81pt
トッテナム
77pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る