FOLLOW US

インテル指揮官、完封に貢献の長友を称賛「素晴らしいプレーに満足」

ローマ戦でフル出場したインテルDF長友佑都(右)[写真]=Getty Images

 インテルを率いるロベルト・マンチーニ監督が、10月31日に行われたセリエA第11節のローマ戦後、今シーズン2度目のフル出場を果たした日本代表DF長友佑都を称賛した。クラブ公式サイトが同日に伝えた。

 試合は、インテルが30分にチリ代表MFガリー・メデルのゴールで先制。その後は、リーグトップの25得点を挙げているローマの強力な攻撃陣を完封し、1-0の勝利を収めた。長友はフル出場で無失点に貢献し、チームも暫定ながら首位に返り咲いた。

 マンチーニ監督は試合後、「激しさのある非常に優れた試合だった。すべての選手がとてもよくやった」と総括。両サイドの長友と、イタリア人DFダニーロ・ダンブロージオについて問われると、「サイドにフィジカルとスピートがあり、攻守で貢献できる選手が2人必要だった」と起用理由を説明し、「彼らの素晴らしいプレーに満足しているよ」と称賛の言葉を送った。

 インテルは次節、8日に敵地でトリノと対戦する。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO