2015.10.29

ミラン、今季初の2連勝…指揮官は「無失点での勝利が重要だった」

28日のキエーヴォ戦でミランを指揮したミハイロヴィッチ監督 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 セリエA第10節が28日に行われ、日本代表FW本田圭佑が所属するミランはホームでキエーヴォを1-0で下し、今シーズン初の2連勝と完封勝利を収めた。試合後、ミランを率いるシニシャ・ミハイロヴィッチ監督がイタリアメディア『Rai』のインタビューに応じた。

 ミハイロヴィッチ監督は「前半はもっと上手くやれただろう。リスクを冒すことはなかったが、もっと決定的なプレーができたはずだ。幸いハーフタイムがあり、そこで修正することができた。勝利に値する試合だったと思う。失点を許さずに勝利することが重要だった」と語り、今シーズン初の完封勝利に満足感を示した。

 この試合の勝利で勝ち点を16に伸ばし、10試合を終えた時点で昨シーズンと同じ勝ち点としたことに関しては、「昨シーズンのことは考えない。考えるのは今とこれからのことだけだ」と話し、今後に目を向けることが重要だと強調した。

 また、「今は攻撃面に選択肢がほとんどない。2トップを採用することもできず、バロテッリも戦列を離れている。今は歯をくいしばって戦っていかなければならない。故障者が起用できるようになれば、道は険しいものではなくなるだろう」と続け、負傷者の復帰を待ち望んでいると明かした。

 最後に、2試合連続でスタメンに抜擢している16歳のGKジャンルイジ・ドンナルンマについては、「(次節の)ラツィオ戦もプレーすると考えている。彼はまだ16歳だが、気持ちの強さを持っている。特異な運命を背負っている若者だ」と語り、11月1日に行われるセリエA第11節のラツィオ戦でも起用する意向を示した。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
32pt
リヴァプール
30pt
チェルシー
28pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
27pt
ボルシアMG
23pt
ライプツィヒ
22pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
24pt
セビージャ
23pt
アトレティコ・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
34pt
ナポリ
28pt
インテル
25pt
欧州順位をもっと見る