FOLLOW US

リーグ4敗目のユーヴェ…主将ブッフォンが喝「責任感を持つべき」

ユヴェントスでプレーするブッフォン(写真は9月のもの) [写真]=Getty Images

 セリエA第11節が28日に行われ、ユヴェントスはサッスオーロと対戦し、0-1で敗れた。試合後、イタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォンがコメントを残した。同日付のイタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が報じている。

 昨シーズン王者のユヴェントスはサッスオーロに敗れ、リーグ戦で早くも4敗目を喫した。同クラブのキャプテンを務めるブッフォンは、「僕らはもっと責任感を持たなければいけない。ユヴェントスでプレーする以上、チームのために戦うつもりがないのであれば、哀れな姿をさらすことになる」と喝を入れた。

 この試合の前半には、イタリア代表DFジョルジョ・キエッリーニが2枚目のイエローカードを受けて退場した。主審の判定に詰め寄ったチームメイトにブッフォンは、「僕らはもっと謙虚になるべきで審判に文句を言うべきではない。たとえ審判がミスジャッジを犯しても、それを言い訳にすることは敗者が持つ気質だ。ユヴェントスはそういうチームではない」と審判への抗議を減らすべきだと主張した。

 リーグ戦10試合を終え、首位ローマユヴェントスの勝ち点差は「11」に広がった。それでもブッフォンは「僕らは現実的なのさ。リーグ5連覇より、1つでも順位を上げていくことを目指すべきだ」と語り、目の前の試合に集中する姿勢を見せた。

 次節、10月31日にユヴェントスはホームでトリノと対戦する。

セリエA観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA