2015.09.29

インテル、ミラン、ユーヴェが第6節で同時に敗戦…21年ぶりの珍事

第6節ナポリ戦で敗れたユヴェントス [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 セリエA第6節では、日本代表DF長友佑都が所属するインテルと同代表MF本田圭佑が所属するミランが今シーズン初めて同時に敗れた。28日付のイタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が伝えている。

 昨シーズン、ミラノに本拠地を置く2チームが同時に敗れたのは3回あった。5月に行われた第36節ではミランがサッスオーロに2-3で、インテルがユヴェントスに1-2で敗れ、1月に行われた第20節ではインテルがトリノに0-1、ミランがラツィオに1-3で敗れた。昨年11月に行われた第10節ではインテルがパルマに、ミランがパレルモに、それぞれ0-2で敗れている。

 だが、今回はそこにイタリア王者ユヴェントスも加わった。第6節ではユヴェントスがナポリに1-2で、ミランがジェノアに0-1で、インテルがフィオレンティーナに1-4で敗れた。

 インテル、ユヴェントス、ミランの3チームが同じ節で同時に敗れたのは、1994-95シーズン以来、21年ぶりのこと。このときも同じく第6節で、インテルがバーリに1-2、ユヴェントスがフォッジャに0-2、ミランがパドヴァに0-2と敗れている。

欧州リーグ順位表

チェルシー
6pt
トッテナム
6pt
ボーンマス
6pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る