2015.09.14

ミラン指揮官、本田の守備貢献を評価するも「攻撃は物足りなかった」

本田圭佑
ミラノ・ダービーで先発出場したミランFW本田圭佑(左) [写真]=Getty Images

 日本代表MF本田圭佑が所属するミランは、13日に行われたセリエA第3節で、同代表DF長友佑都が所属するインテルと対戦し、0-1で敗れた。本田はトップ下の位置で2試合ぶりに先発出場し、81分までプレー。一方、長友は出場しなかった。

 試合後、イタリアメディア『メディアセット』のインタビューでミランを率いるシニシャ・ミハイロヴィッチ監督は、「チームに対して怒りはない。唯一残念だったのは結果だけだ。得点を奪うことはできなかったが、気持ちの強さを見せ、試合を支配していた。敗戦は妥当なものではない。我々はインテルよりも良いプレーをした」と語り、チームのパフォーマンスには満足していることを明かした。

 さらにミラン復帰後、初めて試合に出場したイタリア代表FWマリオ・バロテッリについては「良い態度をとっているし、とても良くトレーニングもこなしている。今日は移籍後初の試合だった。これからもこれまでのように続けていく必要があるが、彼が我々に手助けしてくれることは確かなことだ」と話した。

 そして、インタビュアーから「なぜ本田ではなくバッカを交代させたのか」との質問が及ぶと、「監督は私であって、あなたはインタビュアーだ。バッカは他の選手より多少動きが悪く、それに3トップにするとバランスを失ってしまうと考えたからだ」と話し、反論した。

 また、ミランの公式チャンネル『ミランチャンネル』では、本田について「今日は中盤に問題があったが、本田はディフェンス面でよくやったと思う。ただ、攻撃では物足りなかったね」と守備に関しては一定の評価を与えたが、攻撃では不十分だったとの考えを示した。

 3試合を終えてリーグ12位に沈むミランは次節、19日にホームでパレルモと対戦する。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
98pt
リヴァプール
97pt
チェルシー
72pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
ドルトムント
76pt
ライプツィヒ
66pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
87pt
アトレティコ・マドリード
76pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
90pt
ナポリ
79pt
アタランタ
69pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング