FOLLOW US

移籍目前のクアドラードがイタリア到着「ユーヴェは偉大なチーム」

ユヴェントスへの移籍が目前に迫ったクアドラード [写真]= AMA/Getty Images

 ユヴェントスへの加入が目前に迫ったチェルシーのコロンビア代表MFフアン・クアドラードが24日、イタリアのミラノにあるマルペンサ空港に到着した。ユヴェントス公式HPが発表している。

 イタリア紙『トゥットスポルト』によると、クアドラードは24日にロンドンを発ちミラノに到着。25日にもメディカルチェックを受け、検査の結果に問題がなければ正式契約となる運びだ。26日にはチームのトレーニングに合流し、次節のローマ戦の出場を目指すものとみられる。

 マルペンサ空港でユヴェントスのファンから大歓迎を受けたクアドラードは、クラブのインタビューに応え「このように歓迎されるとは思わなかったよ。イタリアの人々の暖かさを感じたね。とても嬉しいよ。ファンの反応はとても重要で、こんなふうに歓迎してくれるとより力がみなぎってくる」とファンの大歓迎に笑顔を見せた。

 続けて「ユヴェントスは偉大なチームで、ヨーロッパで最高のクラブの一つだ。リーグ戦に向けて全力を尽くす必要がある。ユヴェントスがタイトルを防衛できるように、神が手助けしてくれることを願うよ」とコメントしている。

 現在27歳のクアドラードは、今年1月の移籍市場でフィオレンティーナからチェルシーへ移籍。エジプト代表FWモハメド・サラー(現ローマ)を加えた3300万ユーロ(約45億円)の移籍金で加入していた。しかし、プレミアリーグに馴染めず昨シーズンは12試合に出場して無得点に終わっていた。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA