FOLLOW US

マンCジェコがローマと個人合意か…移籍金調達へ3選手売却検討も

マンCでプレーするジェコ [写真]=Getty Images

 マンチェスター・Cに所属するボスニア・ヘルツェゴビナ代表FWエディン・ジェコが、ローマとの契約に向けて個人合意に至っていることが明らかになった。2日付のイタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が報じている。

 ローマはジェコに年俸450万ユーロ(約6億1500万円)の4年契約を提示したという。

 一方マンチェスター・Cは、チームの背番号「10」を背負う同選手を簡単には手放さない方針にあるため、まだクラブ間での交渉はまとまっていない模様。ジェコを獲得するには最低でも3000万ユーロ(約41億円)の移籍金が必要になるだろうと、同紙は伝えた。

 獲得資金を捻出するため、ローマはコートジボワール代表FWセイドゥ・ドゥンビア、同代表FWジェルヴィーニョミランへレンタル移籍していたFWマッティア・デストロの3選手を売却することが予想されている。

セリエA観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA