FOLLOW US

補強失敗が続くミラン、セビージャFWバッカの獲得が決定的に

ミラン移籍が報じられたバッカ [写真]=Getty Images

 日本代表MF本田圭佑の所属するミランは、セビージャのコロンビア代表FWカルロス・バッカの獲得で合意に至ったようだ。イタリアの複数メディアが27日に伝えている。

 ミランは今夏、パリ・サンジェルマンのスウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモヴィッチやポルトのコロンビア代表FWジャクソン・マルティネスの獲得を目指したものの失敗に終わっていた。

 バッカの獲得にはローマリヴァプールも興味を持っていたようで、ミランのアドリアーノ・ガッリアーニCEOは迅速に行動し、選手との合意を得たという。

 イタリアメディアによるとミランは同選手と5年契約を結び、3000万ユーロ(約41億円)の契約解除金を全額支払うことになると伝えている。

 バッカは2014-2015シーズンのヨーロッパリーグで7得点を挙げる活躍を見せ、セビージャを大会連覇に導いていた。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO