FOLLOW US

ジョレンテ、ライバル加入もユーヴェ残留希望「クラブと話し合う」

残留希望を表明したジョレンテ [写真]=Getty Images

 ユヴェントスのスペイン人FWフェルナンド・ジョレンテが、残留を希望していることを明かした。イタリアメディア『メディアセット』が報じている。

 ユヴェントスには、アトレティコ・マドリードからクロアチア代表FWマリオ・マンジュキッチが新たに加わり、ジョレンテは今後、熾烈なポジション争いを強いられることとなる。

 退団の可能性も報じられている同選手は「残留したい。このことについてクラブと話し合わなければならない。フロントがどう言ってくるか見てみようじゃないか」と残留希望を明言。さらに「モナコからの関心については何も知らない。新婚旅行のことを考えていて、それ以外のことは何も考えていない」と答えた。

 そして、ボカ・ジュニアーズへの移籍が秒読みとなっているアルゼンチン代表FWカルロス・テベスについては「彼の退団は残念でならない。素晴らしい人間で、とても偉大な選手だ」と語っている。

 2013年にユヴェントスに加入したジョレンテは、セリエA初年度で16ゴールを挙げるなど優勝に貢献した。ところが2014-2015シーズンはアルバロ・モラタにレギュラーを奪われ、リーグ戦25試合出場で7ゴールと物足りない結果に終わっていた。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO