FOLLOW US

インテル指揮官、長友の残留を示唆「来季も残ることができる」

インテルの長友(左)とマンチーニ監督(右)[写真]=Getty Images

 日本代表DF長友佑都が所属するインテルは31日、セリエA最終節でエンポリと対戦する。前日会見に出席したロベルト・マンチーニ監督が、長友の去就について言及した。クラブ公式HPがコメントを伝えている。

 長友は、インテルとの契約が2016年6月までとなっているため去就に注目が集まっているが、現時点で契約延長に関しての話し合いは行なわれていない。長友には日本代表DF内田篤人が所属するシャルケや、トッテナムなどイタリア国外クラブからの関心が寄せられており、今夏に放出される可能性も浮上している。

 マンチーニ監督は、「彼はいつもたくさん練習をしている」と勤勉さを評価。「まだ改善できる点はあるが、すでに最高のレベルにあると思う。来シーズンもインテルに残ることができるよ」と、長友のインテル残留を示唆している。

 今シーズン、長友は副キャプテンを任されるなどチームの中心として活躍が期待されたが、けがによる離脱を繰り返し、セリエA最終節を残してわずか13試合の出場にとどまっている。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO