2015.05.31

ユーヴェ、最終節は終了間際の失点でドロー…38歳トーニが得点王に王手

トーニ
同点ゴールを奪ったトーニ(右) [写真]=Iguana Press/Getty Images

 セリエA第38節が30日に行われ、ヴェローナとユヴェントスが対戦した。



 今シーズン、リーグ戦とコッパ・イタリアの2冠を達成したユヴェントスは、6月6日にチャンピオンズリーグ決勝でバルセロナと対戦する。ユヴェントスにとっては、大一番にむけたコンディション調整の意味合いも強い試合となったが、注目は両チームのストライカーによる得点王争いになった。

 前節2ゴールを挙げ、21ゴールでトップに立ったヴェローナの元イタリア代表FWルカ・トーニ。38歳で得点王を獲得すればリーグ史上最高齢での同タイトル獲得となる。一方、同20ゴールで2位につけるユヴェントスのアルゼンチン代表FWカルロス・テベスは、最終節での逆転を目指す。

 最初にチャンスを作ったのはユヴェントス。9分、中央のアンドレア・ピルロからのパスを受けたテベスがミドルシュート。しかし、上手くミートしきれずにボールは力なくGKラファエウにキャッチされてしまう。

 一方のトーニにも決定機。33分、ヴェローナがロングボールからチャンスを作ると、ペナルティエリア左に進入したエミル・ハルフレドソンがゴールラインすれすれから折り返しのクロス。ニアにトーニが飛び込んだが、GKジャンルイジ・ブッフォンがなんとか跳ね返した。

 試合が動いたのは42分。ユヴェントスが左サイドから攻めこむと、フェルナンド・ジョレンテからボールを受けたロベルト・ペレイラが中央に持ち込みカーブをかけたシュート。キーパーが一歩も動けない鮮やかなゴールが決まり、ユヴェントスが先制して前半を折り返す。

 後半立ち上がりにヴェローナが決定機を迎える。48分、カウンターからハルフレドソンがドリブルで持ち上がり、ペナルティエリア左のトーニへパス。トーニは落ち着いてゴール左下に決め、試合を振り出しに戻した。この得点でトーニは今シーズンのゴール数を22に伸ばしている。

 追いつかれたユヴェントスだが、すぐさま突き放す。57分、ペナルティエリア手前でパスを受けたピルロが、ペナルティエリア右に浮き球のパス。走りこんだシモーネ・パドインの折り返しをジョレンテが押し込み、ユヴェントスが勝ち越しに成功する。

 さらに88分、ペナルティエリア内でジョレンテが倒され、ユヴェントスにPKが与えられる。キッカーのテベスがゴール右下へシュートを狙ったが、ここはラファエウが横っ飛びで弾き出した。テベスにとっては手痛いPK失敗となってしまった。

 すると後半アディショナルタイム3分、ユヴェントスは途中出場のシモーネ・ペペがハーフウェイライン付近で危険なタックルを見舞い一発退場。ヴェローナにFKが与えられる。このFKから前線にロングボールが入ると、飛び込んだフアニート・ゴメスが頭で合わせ、ヴェローナが土壇場で追いついた。

 直後に試合は終了し、ヴェローナとユヴェントスの一戦は2-2のドローとなった。なお得点王争いは、この試合でゴールを挙げたトーニと、31日に試合を行うインテルのFWマウロ・イカルディの2人に絞られた。

【スコア】
ヴェローナ 2-2 ユヴェントス

【得点者】
0-1 42分 ロベルト・ペレイラユヴェントス
1-1 48分 ルカ・トーニ(ヴェローナ)
1-2 57分 フェルナンド・ジョレンテユヴェントス
2-2 90+3分 フアニート・ゴメス(ヴェローナ)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
98pt
リヴァプール
97pt
チェルシー
72pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
ドルトムント
76pt
ライプツィヒ
66pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
87pt
アトレティコ・マドリード
76pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
90pt
ナポリ
79pt
アタランタ
66pt
欧州順位をもっと見る