FOLLOW US

パレルモ会長、リスクを避けるため移籍前のディバラを「使わない」

パレルモでプレーするディバラ [写真]=Getty Images

 パレルモ所属のFWパウロ・ディバラが、今シーズン残りの試合に出場しない可能性が浮上した。7日付のイタリア紙『La Repubblica』が報じている。

 パレルモの会長を務めるマウリツィオ・ザンパリーニ氏が同紙のインタビューに応じ、ディバラについて「今シーズン残りの数試合、ディバラを使わないでくれと、(ジュゼッペ)イアキーニ監督に頼んだ。あと8~10日で売却を決めることだってできる。とてもデリケートな時期だから、負傷を避けたい」と、放出前にアクシデントを避けたい意向を口にした。

 また、「イタリアではユヴェントスインテルミランが彼に強い関心を抱いている」と国内の移籍先候補を挙げ、「ヨーロッパではパリ・サンジェルマンアーセナルマンチェスター・Cがディバラ獲得を望んでいるが、FFP(ファイナンシャル・フェア・プレー)ルールがあるから、彼らは先に選手を売る必要がある」と、国外クラブからの関心も明かした。

 現在21歳のディバラは、2012年にパレルモへ加入。今シーズンはセリエAで32試合に出場し、チームトップの13得点を挙げている。

セリエA観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA