FOLLOW US

セリエA通算206得点…37歳ディ・ナターレがバッジョ超え達成

通算206得点を記録したディ・ナターレ [写真]=Getty Images

 ウディネーゼは、3日に行われたセリエA第34節でヴェローナと対戦し、1-0で勝利した。同試合で決勝ゴールを決めた元イタリア代表FWアントニオ・ディ・ナターレが、セリエA通算得点を206点に伸ばし、同FWロベルト・バッジョ氏が持つ通算205ゴールの記録を更新した。

 この日は3試合ぶりに先発を外れたディ・ナターレだったが、59分からピッチに送り出されると、わずか3分後の62分にMFシルヴァン・ヴィドマーからの折り返しをヒールで流し込んだ。

 試合後には、元チームメートで同じく37歳の同FWルカ・トーニとユニフォームを交換し、健闘を讃え合っている。

 試合後、ディ・ナターレはイタリアメディア『スカイ・イタリア』のインタビューに応え、「僕にとってもチームメートにとってもハッピーな結果になったね。偉大なヴェローナを相手にいい仕事が出来たと思う。バッジョの記録を超えることが出来たのは本当に光栄だよ。この得点を嬉しく思う」と喜びを表した。

 一方で、去就については「将来のことは話したくないんだ」と口を閉ざしている。

 2004年夏にエンポリからウディネーゼに加入したディ・ナターレは、2009-10シーズンから4年連続でリーグ戦20得点以上をマーク。2009-10、2010-11シーズンには2年連続で得点王に輝いている。今シーズンはリーグ戦で13得点を記録しているが、契約満了となる今シーズン限りでクラブを退団し、古巣のエンポリやアメリカのMLS(メジャー・リーグ・サッカー)に新天地を移す可能性も報じられている。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO